--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
07.19

異なるを貫く

Category: 未分類
九五 背骨ひとつひとつを味わう

「こっちには焼き鳥屋もある。ハツに若鶏に皮、軟骨。これも串刺し。背骨だ」
ほうか。
「こっちには団子の背骨だ。醤油に胡麻だれ、じんだんもある」
んだな。
「美味いなあ。背骨っていろんな味があるんだな」
こっちバーベキューだ。
「おお。バーベキュー。一串にいろんなものが刺さってある。とうもろこしにウインナー、ピーマンに米沢牛。こりゃ、いいわ」
おめぇよ、この中で一番自分の背骨に近いなあ、と思うのはどれだ?
「そりゃ、焼き鳥の軟骨だべ、骨っぽいしよ」
そうだべか?
「ん?
やっぱり玉こんにゃくかなぁ。つるつるしてる感じがよ」
そうだべか?
「ん?
やっぱり、じんだん団子かなぇ。地元の名産だし」
いい加減だなぁ、おめぇは。
おれはバーベキューのヤツだと思うんだ。
「ん?
そうだそうだ。おれもそうだ」
一つの串でいろんな食べ物が味わえる。
「そうだな。この牛肉のかたまりは特に美味ぇ」
おめぇ、よくそんなに食べれるな。
「そりゃあ、背骨の稽古してるんだから、貫くごとく食べねぇと」
 ・・・
「ひとつひとつ味わいながら、だべ」
 ・・・



つづく
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/97-4a697a25
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。