--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
07.03

背骨は背骨に憧れる

Category: 未分類
八七 根幹の動きを最大限にする 

おとといテレビを見ったったら、手足のない人がレスリングをしていたんだ。少しだけ残っている腕脚の根っこの部分で立ったり座ったり寝転がったり相手をつかんだりすんなよ。
毎日毎日すさまじい練習をしてて、そして普通の大会で健常者に勝つんだ。最後はアメリカ州大会の三回戦まで進んでよぉ。

俺はただただ驚くばかりだったなよ。
しかも心で驚いているんでねえ。俺の背骨がじかに驚いてるって感じなんだよ。
そのテレビを見ていた俺の背骨が居ても立ってもいられないって感じでよぉ。「俺もあんなふうに動いてみってぇ」って声が聞こえてくるようだった。
ブルース・リーに憧れた小さい頃の俺のように、俺の背骨が彼の背骨に憧れをもっちまったのかもしんね。
彼はプールに入って飛び魚のようにジャンプしながら泳いだり、指がないのに卵を持ってしかも奇麗に割って料理までしてた。

背骨に集約された動きのかっこよさは、背骨にはたまらないんだべなぇ。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/89-44093623
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。