--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
06.15

外見と中身

Category: 未分類
八〇 中に入る 

深田さんの御家を見ると内と外のギャップがあるべ。
これがええんだよな。
骨の家
外見と中身の違いの大きさがよ。


一昨日、川原から拾ってきていた石を並べて、目をつぶって触ってみたんだ。
いろんな感触の石があったよ。
つるつる、ざらざら、温かい、冷たい、優しい、巌しい、懐しい、新しい・・・
触っているうちに、石の中に入りたくなった。

どうすっぺ。

洞窟に行くことにしたは。
国指定の大立洞窟ってとこさ。
車一台ギリギリ通れる道を300m、そっから5分山道登ったとこだった。
週末なのに誰もいなかったな。
大立洞窟
初めて入ったんだ。
怖かったなぁ。
祠があったよ。
なんでだか手は合わせなかった。
見つめることもなかった。
水が滴っていて、触れようと思ったけれども、やめて、しばらく見ったった。

濃かった。
空気も密度も時間も情緒も、何もかも濃かった。


外から見るのと渦中で体験するのは、別世界だ。
分かっていても、違うぞ。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/82-4efdb65d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。