--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
06.07

満ち干

Category: 未分類
七六 からだの中の満ち干を感じる 

ひく、で忘れちゃならないのは何といっても潮の満ち干だべね。

そこで
仲右エ門・三分間講座
潮の満ち干とは月と地球、太陽と地球とが持っているそれぞれの引力と、月と地球、太陽と地球の公転運動による遠心力によって、海の水が上がったり下がったりする現象のことである。月の方が太陽の2倍引力が大きいため、月の影響が主になる。引力は月に近いほうが強くなる。しかし月の反対側は遠心力が大きくなるので、裏表で満潮現象が起きる。したがって、一日に二回、およそ6時間12分毎に干満が交互におとづれることになる。新月と満月のときが満干の差が大きく、上弦下弦のときは小さい。ちなみに、潮は朝のしお、汐は夕方のしおのことである。さらにちなみに、月が地球を一周するのはだいたい24時間50分30秒なので一日で50分づつ月の出入りは遅れる。ちなみにちなみに、人間の体内時計は一日およそ25時間弱といわれている。月の動きと人間の時間感覚が密接につながっている証でもある。

理解できたでしょうか?
できなくても本日の稽古にうつるだべぇ。どくろ
潮に満ち干があるということは、当然水分6,70%のからだにも満ち干があるってことだべ。
そこで
自分のからだの感じだけで、これから一日の満潮干潮を当てるだべ。
用意はいいべか。
有無を言わずに始めるだべぇ。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/78-625c3e20
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。