--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
05.27

反逆的身体と戦術

Category: 未分類
七二 逆をつかう 

人ってよ、正直に言おうとするとつい嘘をついてしまうべ。
逆に嘘をつこうと思うと本当のことを言ってしまう。
また、緊張しないようにしようとするとかえって足がガクガクするし、集注しなければと思えば思うほど気が散漫になる。

からだって思うとおりに動いてくれない。むしろ意志に反発してくる。
反逆児だな。
おっ母にあれしろこれしろ言われる子どもが反旗ひるがえすのに似った。


でもよ、そうとわかればこっちにも対処の仕様が出てくるべ。からだという反逆児を相手にする方法よ。

例えば、正直に言いたいときは積極的に嘘を思い浮かべるフィクション的正直者戦術。
嘘をつきたいときは徹底的に完璧な正直を求めてみるエッセイ的嘘つき戦術。
緊張してきたらもっと緊張しようとする毒には猛毒戦術。
緩んできたらもっと緩ませようとする大好物無理やり食べさせ戦術。

他にもいろんなのがあるべ。
明るくなりたかったらどんどん暗くなる「闇夜の月」戦術とか一点の長所を引き立たせる「泥沼に咲く蓮」戦術とか。

坐法でいえば、立とうとするとき逆に沈もうとする。と、それに反発した浮き上がる動きがスーッと出てくる。この動きに乗って立つ。わりと自然な感じで奇麗に立てる。
すり足で前に進もうとするときもいったん後ろに下がろうとする。と、前にスーッと行きたくなる。それに乗る。


こげな風に逆をつかった戦術を編み出しながら、どーれ、自分を躾しなおすべかね。

関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/74-238967b1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。