--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
04.18

禁忌

Category: 未分類
五二 正面をきめつつ、外す 

山を歩いていてカモシカと遭遇したことがあんなだ。いきなり目の前五メートルんとこに現れた。俺もだけどカモシカもびっくりしたよ。目が合ったまんま、互いに動けなくなったかんな。しばらくじっとしったった。
ちょっと目が外れた隙にどっかへ行ってしまったげんど、目が合うと生き物って止まるんだね。

こっちが正面向くのはいいとしても、相手にも正面ってあるってこと、忘れちゃぁなんねんだな。


世の中危険がいっぱいだ。恐面の兄ちゃんも、盛り場のあやしい姉ちゃんも、授業中の先生もこっちを向いてくる。気軽に正面向いちゃだめだぞ。顔見ちゃいけない。目なんぞ合わせちゃおしまいだ。視線が正面衝突したり、射抜きあったり、絡んだり、大変なことになっから。


お茶碗の真正面。それをきめつつ、わざわざ外して飲む。
ただの形式ではなかったんだな。

相手の正面を見るって行為、実は禁忌、されど転ずる日本の文化、だなっし。

関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/54-01542ac3
トラックバック
コメント
方言を忘れた鳥さま
どうも有難さまだなぇ。
生身の稽古会でお手(顔)合わせ、というのは素敵な怖さを与えてくれる、いい言葉だなし。
こちらこそお手(顔)合わせを。
仲右エ門dot 2009.04.20 06:23 | 編集
「言の葉」稽古会、お邪魔いたします。

確かに目が合うと人間同士でも止まりますね。
コンマ何秒の世界で言葉にならない情報を
収集しているのでしょうかね。

にらめっこでも「あっぷっぷ」の後、互いに目を
合わして、それからかすかな間が合ってアクションを
起こしているような気がします。

生身の稽古会で、今度お手(顔)合わせをお願いします。


方言を忘れた鳥dot 2009.04.19 22:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。