--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
04.14

方位自身

Category: 未分類
五〇 正面と思う方向に行ってみる 

小学校にあがったとき、地図を見て驚いたんだ。
それまで俺は、南の方が正面で、地図でいえばそっちが上だと思ってた。
根拠はなかったけんど。
ところが、学校でもらった地図はまっ逆さまだった。上に北海道、下に東京。
今も解せねえ。
だいたい、地図の上が北で下が南って、どれぐらいの日本人が納得してるんだべ。

天子南面すっていう言葉があるんだ。
偉い人は北を背にして、南を正面にするんだと。
地図でいえば、南が上。
相撲の土俵も平城京も平安京もみんな正面は南向きなんだ。
そうか、俺は天子と同じだ。俺は偉いんだって、いっとき喜んでだった。

昔の地図も調べてみたごて。
そしたら、いろんな方角の地図があった。上が西だったり、南だったり。地方によって、場所によってマチマチだった。
都に上るって言うべ。人々が重きを置く処、その方角を上にしてたんだな。
俺ん家の、ちょっと遠くの南の方には、この辺では一番大きな街があったんだ。お祭りに行くにも買い物に行くにも、最高の人手でよ、小っちゃいころは年に二回位しか連れてってもらえなかったな。俺は、今度いつ連れてってもらえるんだべって、南を正面に、いつも待ち焦がれてた。だからそっちが正面になったんだな。

女の人の方向音痴だってよ、正面の感覚を大事にしているだけでねえべかね。方角感覚と地図が合わねえだけなんだ。
たぶん女の人は「ここに来てけろ」って言えば、地図がなくても「そこね」ってピンとくる。
客観的指標より方角感覚の方をより優先しているから。

だいたいよ、方角って見えないべした。見えないのに、あたかも見えてるように錯覚させる地図って、やっぱり、客観的嘘、だ。

試してみれって。
正面だって思う方角にちょっとでも足を運んでみることをさ。
自分にとって大切なものが待っているに違いねえからよ。

関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/52-cb9a7785
トラックバック
コメント
五右衛門さん 
こちらこそ、参加していただき有難く思います。
五右衛門さんは鼻がききますね。
ちょうど今日、福島で指導者同士の自主稽古会があったところです。
田中先生もみえてましたよ。
仲右エ門dot 2009.04.16 22:37 | 編集
仲右エ門様
先日はありがとうございました。(名前でお分かり頂けますでしょうか?五右衛門ほどの大人物ではありませんが)
いつも素晴らしいお話をありがとうございます。
御陰さまで日常生活のちょっとした動作でも稽古出来ることを知ることができました。
今後もよろしくお願い申し上げます。
常磐五右衛門dot 2009.04.16 10:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。