--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
03.26

水の骨

Category: 未分類
四三 滑る感じと関節の関係

俺等現代人は百年と少し前が江戸時代だったなんてもはや信じられないし、その時代の人たちが何を考え何を感じていたのかなんてとんと分かんなくなってしまった。
だけんど、日本文化の大本ともいえる源氏物語の作者・紫式部でさえ、昔の人が大切にしていた情感を理解できなくなってしまった、と嘆いていたんだと。
中国にもこんな話がある。

ずっと昔、学者の王安石は質問を受けた。
「波」という字はどうやって生まれたんだべ。
王安石は答えだ。
「波は水の皮、すわなち水の表面を指すんだごで」
また質問を受けた。
それでは「滑」はどうだべ。
王安石は答えた。
「滑、すなわち水の骨ということだごで」
質問者は笑った。
「水の骨って何や」
王安石は黙ったままだった。

これは、昔のことは誰も分からない、もはや知る由もない、という例え話なんだど。
だげんど、何で「滑る」は水の骨って書くんだべ。
興味あるね。

「骨」という字の上の部分は関節をあらわしった。下の月は肉。つまり「骨」という漢字は肉付きの骨のことで、関節の部分だけ骨が露出している象形文字ってことだ。
だから「骨」は、関節がメインだってことだね。


昔は滑車が重要な役割りを果たしったった。乾いて動きにくい木製の滑車や歯車に水をかけると、つるつるっと回るようになる。水は動きを滑らかにするのに必要な液体だった。
人の骨だってそうだ。骨と骨の間には体液が流れている。それがなければ関節はゴキゴキだ。

人間の力以上を求めて、人は滑車を発見した。それは骨の感覚を当時の人たちが持っていたからなんだべね。

ちょっと確かめてみてけろ。
右手の親指と人差し指で、左手首を軽く挟んで、優しく揺する。左手は力抜いてブランとする。それをクニョクニョって振ってみるんだ。
関節って全然硬くないべ。すんごく柔らかいべ。
そう感じだら、次。
目をつぶって、揺すりながら、水の骨ってどんなんだべって質問してみる。
質問する相手は、昔の誰か。誰でもよろし。
誰かの声が聞こえるかもしれない。聞こえないかもしれない。こっちの方が普通。
まあ、どっちでもいいけれど、しばらくすると、なんか妙な、なんか変な、集注感が生まれている。

この感じが、滑る、って感じなんだど思うんだげんど、どうだべ。



関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/45-73de9773
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。