--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
03.18

骨と履物

Category: 未分類
三八 足袋、下駄で歩く。 

足袋を履いてみる。そして立ってみる。歩いてみる。
今度は足袋を脱いで靴下を履く。立ってみる。歩いてみる。
感じが違うべ。全然違う。
今度は裸足になって立ってみる。
これも違う。
下駄を履く。皮靴を履く。ズックを履く。サンダルを履く。
またもや違う。
どれが骨っぽいか、と聞かれたら?

ほとんどの人は下駄と答える。硬いから。カンカン鳴るから。
真っ平らで直線。頑強。隙間があく。けれども心地いい。
こりゃあ、骨の性格に似ったした。
型枠しっかりしている足袋も靴下と比べれりゃかなりの骨。強情張りでなびかない。けれども気持ちがしゃきっとする。

筋肉は一緒につるんで動くのに、骨は孤高。互いに離れて触れ合わない。


さあ、自立を望んでいるならば、靴下を脱いで旅に行こう(足袋に移行)
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/40-70abbe0d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。