--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
03.09

寸止め

Category: 未分類
三二触れる寸前でいったん止める 

音を立てないために、その一。

寸止め。

例えばコップを台の上に置くとき、コップと台が接触する手前で、止める。ぴたっと停止させる。
それから、ゆっくり着地させる。

最後の隙間、その空間だけを勝負どころと心得る。


何かと何かが触れ合うってことはある意味、事件だ。何かが生まれるかもしれないし、何かが壊れるかもしれない。どういう展開になるか分からないべな。

初めてデートしたときのこと、考えてけろ。相手の手に触れるのに、どれだけ苦労したか。
近づくことはできる。寸前までも行ける。けれども、最後の一線が越えられない。
これ以上近づけないっていう壁があるんだ。
そこでピタッと止まってしまって、それからゆっくり引き返してしまうんだ。それを何度か繰り返すべ。

壁を越えるためには、勢いしかない。で、ワーっとやる。
これは初心者、若気の至り。
熟練してくると?隙間を神妙に埋めれるようになるべした。


日本人は何かと、寸止め、をしてしまうべ。電話するときもノックするときも手紙を書くときも話すときも、まず一旦止まる。間を空ける。

これから触れるものが大切であればあるほど。


(ちなみに、音を立てないためのその二、その三は用意されておりません)
関連記事

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/34-44e0fe0c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。