--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
02.27

事実と型

Category: 未分類
三十 言葉にも型がある

糸桜散りつつ夜々のもつれかな

これは故・加藤三七子さんの句なんだ。
激しい風雨の続いた夜が明けて外に出てみると、一片も散っていない桜の木が目に入った。加藤さんは驚いたんだと。こんな可憐な花びらなのに、なんと強かな生命力だって。
早速、作句を試みたんだ。
575という定形に入れてみた。

糸桜散らざる夜々のもつれかな

しかし何かが違う。どこかに不満が残る。
しばらく悶悶とする。
感動したのは、確かに散らざる桜に対してだ。それは事実なんだ。
けんども575で、ピタッと定まらねぇんだ。
迷って、時間だけが過ぎでく。
そして、あるときフッと気づくんだ。
自分は風雨にもまれる情念の桜が描きたかったんだって。
んだから、実際の桜は散ってはいなかったけんど、散りつつ、としたほうがいい。その方がぴったりする。

575の定形が強制的に事実を変形させたのかもしんにぇな。
もっと他に美しい旋律があるって。もっと深く掘り下げられるって。もっと大切なものがあるって。

俳句の型に入ると、言葉って変遷するんだな。その人からはがれ、自立し始めるんだな。もう加藤さんが所有しった句でなくて、型から生まれた、新たな生き物なんだな。

型って、堅苦しくないな。

関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/32-e60fe023
トラックバック
コメント
もったいないお言葉、ありがと様です。
また、お越しになって下さいませ。
そしてご鞭撻、 お願いしますだ。

センスあるお名前の虹乃遅々様へ

仲右エ門
仲右エ門dot 2009.03.04 20:11 | 編集
京都の稽古のときにブログを紹介していただきました。
一息に読ませていただきました。
書かれている言葉というよりは声ですね。
ご本人の実際の声とも違う声でよいですね。
動法と生活のつながりは勉強になります。
私も山形の中で暮らしてみたいものですが
生まれてこのかた都市生活ですから
すべるところかすってんころりんでしょう。
また楽しみに読ませてもらいます。
虹乃遅々dot 2009.03.03 23:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。