--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
02.22

散歩動法

Category: 未分類
二十六 天地逆転の感覚を知る 

こんなことをやってみるべ。

外に出て、散歩する。
顔を上げ、前面を一様に見すえて。
どこにも焦点をしぼらないで、景色全部を、くまなく均等に見るつもりで。
大画面テレビでも見ているように、だな。

歩く速さは一様に。
吐く息ひとつで、すーっとすべるように。
頭をピョコピョコ上下させてはいけない。
あくまで一定の速度、一定の流れにのって。

しばらく続けている。それを兎に角続ける。

すると、あるときある瞬間、景色の方がこちらへ向かってくるように感じる。
ガーーーとこっちに向かって迫ってくる。

こっちが歩いているのに、景色が動いてやってくる。

雪の降る空を仰いだときに地面もろとも上っていく感じの、逆バージョン。天地逆転感覚。

時間と集注力が結構必要だけれど、それでも必ずやってくる。


こっちから歩いていくときは地動説。
それが景色が向こうからやってきてくれる天動説に様変わり。

動いている本人が、「自分は止まっていて、風景がどんどん変貌していくのをただ眺めている」、としか思えない、そういう体験。

世界がガガガッと、やってくる。周りが勝手に動いてくれる。動きながら、自分の中に基準ができる。自分が真ん中になる。


一度体験したら、病みつきになりまする。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/28-4050096c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。