--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.26

細い一筋の伝統

Category: 未分類
二三三 まなぶ

許六離別の辞
去年(こぞ)の秋,かりそめに面(おもて)を合はせ、今年五月の初、深切(しんせつ)に別れを惜しむ。その別れに臨みて、一日(ひとひ)草扉(さふひ)をたたいて、終日(ひねもす)閑談をなす。その器(うつはもの)、画を好む。風雅を愛す。予、試みに問ふこと有り。「画は何のために好むや」、「風雅のために好む」と言へり。「風雅は何のために愛すや」、「画のために愛す」と言へり。その学ぶこと二つにして、用いること一(いつ)なり。まことや、「君子は多能を恥づ」といへれば、品(しな)二つにして用一(いつ)なること、可感(かんずべき)にや。画はとって予が師と、風雅は教へて予が弟子となす。されども、師が画は精神徹に入り、筆端妙をふるふ。その幽遠なるところ、予が見るところにあらず。予が風雅は、夏炉冬扇のごとし。衆に逆(さか)ひて、用ゐるところなし。ただ,釈阿(しゃくあ)・西行の言葉のみ、かりそめに言ひ散らされしあだなる戯(たはぶ)れごとも,あはれなる所多し。後鳥羽上皇の書かせたまひしものにも、「これらは歌に実(まこと)ありて、しかも悲しびを添ふる」と、宣(のたま)ひ侍(はべ)りしとかや。されば,この御言葉(みことば)を力として,その細き一筋をたどり失ふことなかれ.なほ,「古人の跡を求めず、古人の求めしところを求めよ」と、南山大師の筆の道にも見えたり。「風雅もまたこれに同じ」と言ひて、燈(ともしび)をかかげて、柴門(さいもん)の外に送りて別るるのみ。
元禄六孟夏末                                       
風羅坊芭蕉 

(訳)
許六との別れに添えて
許六とは去年の秋に、ほんの偶然の縁で会うことができたのだが、今年の五月の初めにはしみじみと別れを惜しむ間柄となった。その別れが迫ったある日、君はわが草庵を訪れて一日中のんびりと話あった。許六は絵を描くことを好み、俳諧を愛す。私は試しに尋ねたことがある。「絵は何のために好むか」と。すると許六は「俳諧のために好む」と答えた。「俳諧は何のために愛するのか」と問うと、「絵のために愛する」と言う。学ぶことは二つでありながら、その働きの帰するところは一つなのである。「君子は多能であることを恥じる」と古人が言っていることは真理なのだ。学ぶところが二種類あり、その学びの帰するところが一つなのは、感服すべきことではないだろうか。君は画においては私の師であり、俳諧においては私が教える弟子である。けれども師の画は精神が微細な点にまで行きわたり、筆の運びは絶妙である。その幽かで遠い境地は、私の鑑賞眼では理解することができない。それに比べて私の俳諧などは、夏の炉、冬の扇のようなもので、多くの人々のこのみに逆らっていて、何の役に立たないものである。ただ俊成や西行の歌だけは、ほんの即興的にいい捨てられたはかない戯れの歌も、感銘すべきところが多い。後鳥羽上皇がお書きになったものにも「これらの歌には真心がこもっていて、しかも悲しみを添えている」とおっしゃっていたとか。なので、このお言葉を力と頼み、俊成や西行以来脈々と伝わるその細い一筋の伝統を、けっして見失ってはならない。なおまた、「古人の残したものを模倣しようと求めるのではなく、古人が理想として求めたところのものを求めよ」と弘法大師の書の教えにも見えている。「俳諧の道もまたこれと同じ」と言って灯をかかげて、柴の戸の外まで送り、この言葉を餞別として別れを告げるのみである。
元禄六年晩夏
松尾芭蕉
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/249-8d4537ed
トラックバック
コメント
周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水爆
徴兵制=海外に逃げたら死刑 ↑放射能48時間消
ユダヤ米国、負債222兆米ドル(2京円)破綻
↑が原因で、311人工地震テロ東北大虐殺
安倍は金融ユダヤのイヌ ↑テレビ新聞もイヌ
日本の総理が北朝鮮工作員=背後に米国ユダヤ
TPPは医療金融保健他全て=ユダヤ企業の奴隷
TPPで資産数百兆、数千兆?=ユダヤ強盗団
TPPテロ=NWO世界統一政府=ユダヤ世界支配
ユダヤ金融資本のための不正世論調査
ユダヤ金融資本のための不正出口調査
日中に戦争させて戦争経済で笑う金融ユダヤ人
ユダヤ金融資本のために殺し合う日本と中国
石破茂「戦争に行かない奴は死刑」と発言
7・21不正選挙、大クーデターしやがった
日中戦争阻止、侍日本人は命を失っても戦います

2013年、年内にユダヤ・朝鮮裏社会が
日本テロを実行する計画があるようです。
また日本人が虐殺されます、阻止します。
ポスティングdot 2013.10.30 21:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。