--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
02.20

「愛するに至る」ために

Category: 未分類
二〇三 知る

木蔵を整理していたら昔の新聞が二枚出てきた。國民新聞。
一枚は大正11年12月26日夕刊、とあった。若山牧水さんが短歌の選者をしていた。
もう一枚は破れていて日にちはわからなかった。与謝野晶子さんが新聞休刊事件について書いていた。

俺の先祖も彼らと同じ空気を吸っていた。その空気は今の空気へとつながってると思った。

こんな広告もあった。

泳ぎ方

当時は川や海で泳いでいた。プールなどなかった。だから腹痛は常時だった。だから仁丹。
水泳ぎはスポーツでなく、魚貝を採る生活の手段だった。速く泳げるよりも、食を得る知恵の方が大切だった。
生活上の体力は、例えば立ち泳ぎして文字を書いたり水の中で相撲ができるかで判断できた。
体力が生活と密接だった。


先日地元の寄合いに行ったとき、年配者が昔の話を沢山聞かせてくれた。
昭和二十五年から三十年頃の話。
町の公務員の初任給が4千五百円で米一俵が4千円の時代。農家が幅をきかせていた時代。毎日酒一升飲みながら仕事をしていたこと。犬や猫を食べていたこと。逃げた家畜であっても野良であっても生け捕って食っていたこと。ある程度の動物なら眉間を棒でスコンと殴るとあっという間に死んでしまうということ。その技術の習得はとても難しいということ。眉間という場所じゃなくて、不意を打つことが重要だということ。動物は自分は殺されると感じてしまったら、眉間を打たれても死ねなくなるということ。その辺にある食料はなんでも口にしていたということ。そして誰でも死んでいたということ。

生の体験は体から伝わってくる。
夢中で聞いた。

仁丹広告の左下の金言 「ものを知れば愛するに至る」

関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/208-dd5233fe
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2011.03.24 11:56 | 編集
日本泳法のブログ、素晴らしいです。
実は息子が競泳をしており、水に係わる文化を調べている際に、以前にも立ち寄らせていただいていました。
水の中の所作は、胎児の所作。つまりは人の動作の原点。日本泳法から学ばなければならない事柄が沢山ありそうですね。

今後ともご活躍、お祈り申し上げます。
仲右エ門dot 2011.03.09 23:28 | 編集
日本には、現在も日本泳法と呼ばれる分野が現存しています。
以前からブログを楽しく拝読しておりました。

軸の使い方、呼吸の操り方、手足の使い方など、現存する武道や礼法、茶道などとも多くの共通点を見出し、どのように日々の暮らしに生かしてゆくか模索しております。

貴重な資料とお見受けいたしました。
思わず嬉しくなり、突然の書き込みをしてしまいましたこと、失礼をお許し下さい。
MOONdot 2011.03.08 19:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。