--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
01.18

人の間界

Category: 未分類
一九八 刻む

続き

ほんとに頭叩いて起きれるかどうか、早速取り掛かってくれた人がいてよ、嬉しかっよ。そのうえ、ちゃんと起きれたって話だったから、なお嬉しかったよ。
ふしぎうれし、だったよ。

そして、こんな質問受けた。
「6時半のときはどうすればいい?」

これは体験済みだから、自信あるっし。

6回頭を叩いて、ちょっと間を置いて、半分の力で、ポン、と叩く。
そうすると、6時半に起きます。
嘘じゃないよ、ほんとだよ。
間を置いて、ポン。


んだけんど、頭叩いてその時刻に目覚めるって、考えれば考えるほどふしぎだべ。


例えばよ、同じ誕生日の親子っているべ。
俺の家の近くには同じ誕生日の爺、父、息子っていうのまでいるなよ。
これも不思議だべ。
確率からすると、とてつもないわけだ。
だけど
これはどっかで分かる気がするなだ。
生命としての未知なる力というか何というか。
とにかく許容範囲なだ。
実際、我が家も三代に渡って長男が四月生まれだ。
生物の持つ可能性として説明しようと思えば説明ついてしまう。
ありうる、ことではある。
そう思ってしまえるなよ。


誰かを思っていたときにその人が現れる。
その人から電話が来る。
これも分かる。
虫の知らせってヤツだ。
動物なんてみんなこういう能力で感じ合い生きている。
そう思えばなんでもない。


んだけんど、頭5回たたくと5時に起きれるって、これ
どう考えても可笑しいべ。
思考が全くつながらない。




俺はこう解釈することにしたなだ。
時間というのは客観的なものだと、人は思っているけんど、実はとても人間的なもので、人間以外の動物や植物は時間を持っていない。
人間だけが時間を持っている。
時間を感じでいる
時間を区切ることができる。
人間だけに、今、という認識がある。
過去があり未来がある。
時間は人間が作り出したものである。

そう考えると理解できなくない。
時間の大元は作り出した人間の本体、つまり身体の中に存在している。

だから、身体になんらかの働きかけをすれば、それがすべて時間につながってる。



まあ、でも、理屈を考えてもどうにもなんねべ。
現実に頭を叩いて起きれるってことに意味がある。

ここに開拓の面白みがある。

叩くところが頭、ってこだわらないでいろいろ実験してみっぺ。

腹が駄目だったから、今夜は腰叩いて寝てみるべ。

みんなも何か発見したら教えてけろっし。






関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/202-9f570aee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。