--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
12.23

さん間

Category: 未分類
一九五 あいだ

続き

●午後の昼下がり、講師がいきなり言ったなよ。
「テキストにも載っていますように、今の子どもたちの基礎体力を育むために、圧倒的に足りないものがありますす。
それはサンマです。
食べる魚ではありませんよ。
漫才師でもありません。
三間、三つの間です。
ひとつめは体を動かす時間。
ふたつめは空間。
さいごは仲間。
この三つの間、それらが足りないということが子どもたちを運動不足へ向かわせていると言われています」

あいだ、だ。

眠たい頭が一気に覚醒した。



空間、空の間、何も無い容積
時間、時の間、流れのひととき
仲間、友だち同士の中で生まれる親密な世界、その一員

間接、間をとおって関わる
間尺、きちんとした長さ
間近、間が近づいてきている、もうすぐ
間無、まもなく
間違、間がずれてる

手間、自分のからだが、その対象に係わっていた時間や体験内容
合間、互いの息合わせ
隙間、風が通るほどの余裕
瞬間、まばたきほどの時間、あるいは人の一生
世間、浮世、生きている人たちの混沌
民間、ひとびとの社会
居間、家族が集まるところ、そこに客をも迎えうる
腰間、腰のあたり、腰骨でないところの腰

人間、人と人との間、またはその関係性の中で生きていける人


今の子供たちだけじゃねえな。
老若男女問わず、現代人には、あいだ、がとことん足りないした。

人はご飯を食べても人間にはなれません。
「あいだ」を食べて人間になるのです。


関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/199-6243b274
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。