--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
11.26

尻ぢから

Category: 未分類
一九二 隠されているものを見つける

「うしろ」という言葉は大抵の場合いい意味では使われない。
後ろ髪をひかれる、後ろ指を指される、後ろ向きで唾を吐く
後ろを見せるって言ったら、相手に背中を見せて逃げるっていう意味だし
後ろを暗くするって言えば、知られてはいけない秘密を持つことで、後ろめたくなる。

後ろの語源となっている「尻」も同じ。
尻は軽いのは軽蔑されるが重くてもいらいらさせる。尻が長かったら疎ましがられる。
尻は下がっても萎んでも切れても割れても駄目。
人を尻目にするのも、なにか冷たい。

「うしろ」と「尻」はどうしようもなく駄目な言葉なのよ。
なぜこうも毛嫌いされるのか。
なぜこんなに虐待を受けるのか。



しかし
時代は移りゆくのですよ。

外国の女子、西欧諸国からアジアまで、その女子たちがよく日本に来るようになった理由のひとつにコスプレ、オタクの聖地、アキバに行くためっていうのがある。
けれども他にもうひとつ、今、外国人女子が過激に追い求めているものが日本にあるのだ。
それは、
なにか。
祭りのときの日本男児のふんどし姿なだ。
ふんどしで締め切ったプリンとしたお尻に、たまらなくシビレるらしいなだ。
きゃあきゃあ叫びながら写真を撮っている。
国を問わず人気があるのだ。

むかし尻は「しろ」だった。
「しろ」は白。
白色は、他から浮かび上がる目立つ色と思われったった。
印(しるし)は「しろし」からきている。

尻は白くてセクシー。体のどこよりも目がいく。
猿は赤いが人間は白い。
元気のいい奴なら誰でも尻を追いかける。

祭りだけじゃない。
盆踊りだって、異性が一番見ているのは尻なのだよ。
手の振りを派手にしているのは、カモフラージュだったのだよ。

田植えだって昔はお祭りだった。
笛太鼓で騒ぎまくった。
なぜって、それは田植の動作が尻が踊るようだったからよ。
おおやけに尻を鑑賞できるハレの機会だったのよ。

戦後以来、アメリカの管理の下で尻の文化は封印されてしまった。
性とあからさまに繋がっている尻は下品なのか。
排泄する場所が汚いからか。


しかし現代の日本人は気付かされてしまったたのだよ。
外国女子が日本文化を思い出させてくれたのだよ。
後ろの文化、尻の文化を。
この場所が、本来なら顔よりも美しく化粧しなければならないということを。

これからの日本は、きっと、尻上がりで楽しい尻文化を追い求めるべ。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/196-f54fd0e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。