--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
11.12

うしろの世界

Category: 未分類
一九〇 前後 

前(まえ)という言葉は「目(ま)の方へ」というのが語源らしくて、昔は「まへ」と書いたんだと。

後(うしろ)という言葉は、もとは「尻(しり)へ」、つまり「尻の方へ」たんだと。それがいつからか「身(む)尻(しろ)」になり、今の「うしろ」になったなだと。

前は目の方。
前は見えるってことだなし。
ひっくり返せば。
見えてるところは全部前ってことだし。

一方の後ろは見えないってことになるなっし。
目の向いてない方だから視野にない。

じゃあどうやって人は後ろをとらえるかってことになるなっし。


目が頼りにならないんだから、この際、目を閉じて後ろを感じてみっぺ。
じっと注意を向けでっと、いろんなもの、感じっつお。

誰かの足音、そよ風、煙の匂い、友の笑、後悔、日記に書いた文字の記憶、懐かしい揺り篭、優しい眼差し、ママゴトの草むら、守護霊・・・


何でもいいからリアルに感じたら、素早く振り向いてみてけろっし。
一瞬だけでも見られるかもしれないってやってしまうと、そこは「前」になってしまうべは。
さっき感じたものも消えている。

けっして見ることができない。それが後ろの世界だっし。





関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/194-19dafb26
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。