--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10.09

道具が人を選ぶ 

Category: 未分類
一八六 本物

シンタイ・ダイバーのつづき
からだに潜るっていうよりも、沈んでいくっていう表現の方が合ってだげんど。
からだに潜るためにはどうしたらいいかって話だったなし。


山田縄文人さんが本を紹介してくれたなだ。
表紙がただごとでなえがった。
息を飲んだな。
顔の右半分が小刻みに震えて、それが頭全体さ広がって、心臓の辺りさフウっと輝きみたいなものが現れて・・・
からだが何か反応しった。
荒びったからだが止まって、それでもじっと見てると
からだの奥さ沈んでいる感じがしたなよ。

千代鶴是秀―日本の手道具文化を体現する鍛冶の作品と生涯 (ワールド・ムック (596))千代鶴是秀―日本の手道具文化を体現する鍛冶の作品と生涯 (ワールド・ムック (596))
(2006/03)
土田 昇秋山 実

商品詳細を見る


本物って、ええなあ。

本物をみると、何もしなくてもからだにダイブできるした。


だけんどよ
この道具、いったい誰が使うなや。
というより、誰が使えるなや。
というより、誰が使いきれるなや。

この道具に似合う大工職人ってどこさいる?
もしいたら、すんごいでないがい。

山田縄文人さん、お願いだ。
今度、実物を見せてけろ。
そして
触らせてけろ。

関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/191-57d9e79d
トラックバック
コメント
んだごでね。簡単に手に入るもんではないごでね。
軽弾みなごど言ってわりがったなっし。
堪忍してけろ。
んだげんど、ええもんはほんとええねぇ。
んーーーん。
拝みたくなってくる。
ご神体か・・・
仲右エ門dot 2010.10.11 09:34 | 編集
千代鶴是秀の実物は、神戸は元町にある竹中工務店の「大工道具博物館」に数点あるけど、残念ながらガラスケースの向こう側だなあ。
意外にも青空古道具市で売っていたりするけど、こちらもガラスケースの中で厳重に包まれていて、冷やかし客には値段さえも教えてくれんのだよ。
ほとんどご神体だね、こりゃ。
不心者が迂闊に触れたりでもした日にゃ、バチが当たるに違ぇねえや。
それにしても竹中工務店は偉い会社ですなあ。
ちゃんと学芸員のいる、地上3階地下1階の立派な博物館をおっ建てたんだからねえ。わたしゃ夢中になって、4時間もいたよ。
縄文人(見習い)dot 2010.10.10 21:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。