--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009
02.06

いろいろな斜面

Category: 未分類
十八 斜面の質を感じる

直角三角形の斜面を滑るって言ったけんど、実際のゲレンデだったら、ザラザラ雪、パウダースノー、アイスバーン、新雪などなど、雪質によってスキーの滑る感じがぜんぜん違うべした。
んだから、直角三角形、斜面の法則でも、斜面をどう思っているか、どう捉えているかで、摺り足の感じがびっくりするぼど変わってくるってことだな。

いろんなのがあっつぉ。
学校の階段の手すりにまたがってヒューっと落りるとか、滑り台に乗ってスーッと滑る感じとか。同じ滑り台でもプールにある水の流れるやつならぜんぜん違ってくるべ。
凧糸にちくわを通してツツツーって滑っていくのもある。ぴんと張った絹糸を針が降りて行くとかっていうのもいいなぁ。
蜘蛛の糸を朝露がつたわっていく感じなんかは、かなり微妙で集注が必要だ。ちょっとしたことで糸が切れてしまうからな。

どんな斜面を滑れるかは、動法の上達具合によって変わってくっぺな。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/19-ae06fd9d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。