--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
10.02

シンタイ・ダイバー

Category: 未分類
一八五 もぐる

泳げない人を泳げるようにさせるには、まず、潜らせてみるんだと。
潜ろうとしても浮くんだと。
ぷかーっと体が水面に上がってくるんだと。
だから、ああ、沈まないんだって、浮いて当たり前なんだって実感するんだと。
そして泳げるようになるんだと。

泳げなければ潜れ。
潜りゃ変わる。

「ハチワンダイバー」っていうもの凄い漫画があるなだ。
将棋の漫画なだ。
マス目81の将棋盤、その中にまるで潜っていくかのような、とてつもない集注をもって将棋を指していく話なだ。
水どころじゃないぞ。あの堅い木板の中に潜るなだかんな。

盤上では負けそうで、アタフタして、溺れそうになってるときでも
潜ってしまえば、浮いてくるころには、勝負の行方が変わっているなよ。


そんで
もって
俺らは身体の中に潜る、シンタイダイバーだべ。
身体の表面から、奥深くへ潜っていく。
表面でアタフタしたら、溺れる前に潜まなならねぇ。
まずはそこかりゃ始めななんねえ。

水面と水中、景色が違う。海や川ならもっと違う。
将棋だっておんなじ。
目に見えている盤上と、内面で繰り広げられる勝負の世界は別物だ。
身体だっておんなじなだ。

潜りゃわかる。
潜りゃ変わる。

じゃあ
どうやって潜る?



関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/189-95a63127
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。