--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
09.28

5レンジャーは戦わない

Category: 未分類
一八四 ひとの中の数 

今回はさらっと。
「5」で行くべ。
腰骨の数だなし。
腰の骨だから、要だなし。
要が五つあるってことだ。
一つじゃねえ。
五つだ。
ここが人間たるゆえんだなし。

星の一筆書きってあるべ。
ペンタグラムっていうやつだ。
5
線で囲まれた中に5角形ができてるべ。
星の頂点をつないでも五角形になる。さらにその5角形の辺を延長していくと大きなペンタグラムがまたでき、それが延々と続く。小さくなるっていう逆バージョンもあるな。
大きくなったり小さくなったり、そういう、動き、ってのを「5」という数は持ってんべ。


他にもある、5の特質は
二者二種類の対立を中立化する。
これだ。
この性質は二者の対立を消す「3」にも当てはまるなし。

他にといえば和歌。
57577の真ん中の5を腰っていう。
真ん中だから、腰、なんだろうけんど、こういってみる。
上の57を足すと12。背の骨の数。次の5は腰。77は尻の骨4と左右の脚の骨3づつ。
つまり首なしの体。
そう表現すっとちょっと怖いけんど。
頭を一切用いない、からだを動かして作る体操みたいなものが和歌だった。
そう考えっぺ。

他にはってえと
首から尻の先っぽまでの骨全部合わせると、おおよそ月の満ち欠け一周分に相当する。

5の話がいつの間にかからだ全体に広がってました。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/188-d60f9dd4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。