--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
08.26

縁つなぎの唄・・・豆引き唄外伝

Category: 未分類
一八一 みえてくる

山形街道によ マメ、ソバ植えてドントヤ
マメで達者でヌシのソバよ さあさ引かっしゃれドントヤ


豆引き唄の五番、最後の歌詞だ。

豆引き唄は山形の民謡だ。
んだから、母ちゃんに聞いてみた。
母ちゃんは今年、喜寿だ。
「豆引き唄って民謡、知ってだか?」
「一回、聴いたことある」
「一回?」
「んだ」
「豆はこう引けよ~!っていうんだ。これど同じか?」
「んだ」
「一回聴いただけで、よく覚えられたねぇ」
「んだって、オレの結婚式んとき、唄ってくれたんだ」
「結婚式?」
「んだ。おまえ知らねえと思うけんど、遠縁のおばんちゃが唄ってけっちゃ」
「んだんだ」
「この家で結婚式した。おまえも知ってっぺ。お披露めは三日間もあった。一日目は親族、二日目は地元の人とか分けてよ。」
「そりゃ、大変だったね」
「大変もなにも、ハタチそこそこの小娘だ。何も分かんね。周りが全部段取ってけっちゃ」
今から57年も前の話だ。
「豆引き唄、ちょっと変わってるべ。面白い唄だなあと思った。んだから覚えった。」

豆引き唄って縁起物の唄だったんだなし。
お目出度いときの唄なだ。
この展開には、俺もぶったまげた。

こりゃ、豆引き唄の解釈も変わってくる。

「豆はこう引けよ こうして丸け ドントヤ」
これは花嫁修行の母娘の風景でないんだべか。
嫁に行く前の、母の最後の教え。
娘は母に感謝をしながら仕事を覚える。
これが先の5番、最後の歌詞へとつながってる。
意訳すればこんな感じだべか。

できれば、この家からお前が嫁ぐ家までの道端に、豆と蕎麦を植えたい。
お前が健康で元気に暮らせるように。お前のところがいつも豊作であるように。
お前の家とおれの家がいつまでもいい関係でいられるように。


花嫁のことをこっちの方言で「むかさり」っていうなだ。
嫁に行くことを「むかさっていく」という。
「向こうに去っていく」っていうのが語源らしいなだ。
嫁に出す方の親の心情は、切ないべ。
しかし、この「むかさり」という言葉を大声で叫びながら嫁入りする。
それが儀式なだ。

地唄ってのは、それが人生の中の大切な場面場面に通じている。重なっている。
隠喩しながら、人間っぽく展開していく。

ちなみにこの結婚式と同じ月日が俺の誕生日なだ。
不思議だな。
けんど偶然って感じが全然しない。
どこかで当然、と思ってる。

見えないつながり。
色んなものとつながっているけど、どんなつながりなのか分からない。
しかもこのつながり、確かめようがない。
だから、人はつなぎ止めようとする。
何かで確認したくなる。

けんどつながっているなら、必ずみえてくる。
期が満ちれば、偶然を装って、必ず浮かび上がってくる。

豆引き唄を紹介してくれたひと、そのひとに俺が惹かれた謎がどうやらみえてきたな。







関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/185-12f2c3e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。