--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
05.21

筆一毛の革命

Category: 未分類
一六八 刺激から開放されることによって生まれるもの

筆ペンの先っぽから毛が一本、ヌーっと伸びてきて止まったなよ。
抜け落ちないなよ。
だからそのまま使ったなよ。

その一本だけで書いたのよ。
不思議な感じがしたなよ。

書いている実感がまったくないのに、文字がかってに現れるっていう感じなのよ。
徒手空拳で、文字だけが浮き上がってくるみたいな。

俺は思ったなよ。
今までは筆と紙の擦れ具合、その刺激感をたよりに字を書いったんだ。




話し変わって
アメリカで映画みてきた、という知人の話を聞いたな。
映画館に入ったものの英語が聞き取れなくて、ちんぷんかんぷんだったんだど。
んでも現地で観るっていうのは夢だったし。
最後までいたったど。
結局どうだったかっていうと
それがものすごく面白い映画だったなだど。
英語がわからなくてもどんどん画面に吸い込まれていったなだど。
冒険活劇で、逃亡生活の主人公がいろんな体験をする。
宗教問題もでてくる、言葉の伝わらない部族との交流、人間同士の深いつながり、心の機微、恋愛、家族の有り様。
まさに人間が生きていくうえで必要な課題を一身に引き受けたような、壮大でしかも繊細極まりない、人生のベスト3にはいるような映画だったなだど。

それで
日本に帰ってきてもう一回ちゃんと観るべ、と思って映画館に行ったなだど。
日本語でしっかり理解するべと揚々と出かけていったなだと。
だって意味もわかんないのにベスト3の映画だべ。
言葉がわかったらどれだけ面白いか。

そしたら何だかおかしいなだど。
内容が違っているような気がするなだど。
安っぽい感じもするなだど。
題名も主人公も場面もいっしょなのによ。

結局、ただのB級コメディ映画だったなだど。
おんなじ映画なのに、ただの妄想で、自分勝手に解釈していたんだと。
知人は自分のいい加減さにショックを受けたんだど。
俺は物語を勝手に作っていた。
アメリカで観た、俺の幻だった。

その話を聞いて、俺もショックを受けたな。
コイツの内面は物凄く豊かだ。
つまらない映画を巨大な芸術作品に変えてしまうほど凄い。



刺激に縛られなかったからできたことなだ。
そうでないとこんな体験できなかったなだ。

俺も筆ペンの先っぽ一毛で、刺激抜きの芸術を書き上げるとするべ。
そう固く誓ったは。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/171-6a2165a4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。