--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
04.24

霊の身体 GHOST IN THE SHELL

Category: 未分類
一六四 空虚の中のかすかな存在

今、地球が生生しいなっし。
それで、というわけではないんだげんど、今回はちょっと異色な話だっし。

昔こんな論文書えだ。
だいぶ前の映画だげんど。
押井守監督のアニメーション映画「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」と続編「イノセンス」の関係について。
「イノセンス」はなぜ進化しなかったのか 日本文化を背景とした一考察。

GHOST IN THE SHELL

ちょこっと説明すっと、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」は、人の脳神経がインターネットに直接接続できる電脳化や肉体の義体(サイボーグ)化などの科学技術が一般化している近未来が舞台なだ。
人間から生体組織を限りなく取り除いたとぎに、自分が自分自身であるための最低限度必要なもの、又はその境界に存在するもの、その私的霊性は「ゴースト」と呼ばれてるんだげんども、脳と脊髄の一部を除く全身を義体化しった内務省公安9課の草薙素子という主人公が、それを追求していく物語なだ。
インターネット上に存在する電脳同士の融合性や、融合したときの「ゴースト」の行き着く先など、正論と矛盾、創造と破壊、整然と混沌の人間の原初体験が折り重なる芸術的アニメーションなだ。

攻殻機動隊

続編の「イノセンス」は、既に肉体がなくネット上にのみ存在する女性、草薙素子を求め彷徨う男、バトーの物語なだ。生命のないコンピューター、インターネットの世界で、人間性のエロスとは何か、人間深部の「私的霊性」がいかに存在していくかなどが明かされようとするなだ。

innocense.jpg

我々みたいに「身体」を対象にしている者たちにとってはよ、肉体の無い人間というのはよ、いろいろ考えさせられる。

ちなみに「イノセンス」に出てくる人形は、凄んごいなし。

DOLLS_of_INNOCENCE.jpg


俺の論文はよ、読んでも皆さんの害にはならないと思うげんども、まだ観ていない人は先入観無く映画を観たいべから、今回は見送るは。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/167-8ca56261
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。