--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
03.27

くるまの神様

Category: 未分類
一六〇 見合う力をつかう

「僕たちは60キロでなんて走れない。
車のおかげだよ」
「車の力を借りてばかりじゃだめなんだ。
僕たちもそれに見合う力をつかわないと」
「車といっしょに走るっていうのは、ほんとに気持ちのいいものだろ」
僕は彼の姿が透けていくような気がしました。
「車によって色んな心地佳さを味わえる。
どんな車も完璧なんだ」
彼は案外、色男でした。
笑っているようにも泣いているようにも見えました。
僕はとてもリラックスしていました。
車の中で心底くつろいでいました。
こんなのは初めだったのかもしれません。
僕は眠ってしまいました。
夢を見ました。
この車が産まれるところでした。
工場で油のにおいがしました。
工員の汗、そして笑顔もありました。

目が覚めたら、ドライブインに停まっていました。
「よく眠ってたみたいだね。君も、この車も」
彼は大きく伸びをしました。
「もう僕の仕事は終わりだ」
彼はキーを僕に手渡しました。
「新しい友達が俺を待っている」
彼は「さようなら」と僕の車に告げると、隣のランドクルーザーに当たり前のように乗り込み、そのまま行ってしまいました。

その後彼がどうなったかは知りません。

車が滑りました。壊れました。
身代わりになってくれたと思いました。手を合わせました。

新しい車がやってきました。
名前をつけました。
彼の隅から隅まで全部を感じて、いっしょに安全運転したいと思っています。

Y県安全運転作文コンクール   落選作品

関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/163-f16d018b
トラックバック
コメント
はちどり様

どうも、おしょうしな。
審査員特別賞、有難く頂戴いたしますっすぅ。
仲右エ門dot 2010.03.28 06:46 | 編集
最高に面白かったです。

スリルあり、サスペンスあり、笑いあり。
審査員特別賞を差し上げます(笑)
はちどりdot 2010.03.27 18:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。