--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01.19

ナンバスキー考

Category: 未分類
一五一 敢えて揺らぎ行く

こっちの小学校はスキー授業があるなだ。
指導は保護者が担当するなだ。
その保護者のための講習会っていうのがこの間、あったのよ。

しょっぱな、インストラクターの人は苦言したなだ。
「今のスキーは昔とは全然違うから、気をつけてけろな」
保護者の人は訳わかんねって顔しったった。
「昔は腰をひねってターンしったった。上半身と下半身を別々にしてよ。
今は腰をひねらないでターンするっていうのが基本になってだ。つまりよ、同側の手足を同じ様に使うなだ」
みんなきょとんとしている。
意味がわかんね。
デモンストレーション見て、もっときょとんとしている。
当たり前だあなあ。
小さい頃習ったことは忘れろ、新しいやり方を覚えろ、なんていきなり言われてもよ。
俺はまだ動法知ってっから「へえぇ、世間はここまで来てるのか」って感心していたけんどよ。
他の保護者はみんな初めて教えられるわけだべ。
そりゃあ、困惑するわな。
ひと通り理屈を教えられて、なるほどそういうことなのかと理解しても、今度は体がいうことをきかない。昔、習ったことをたえず繰り返してしまう。

一度身に付けたものを手放すっていうのは本当に難しいことなだな。

ある保護者が言った。
「時代だな」




不易流行
師の風雅に万代不易有り。一時の変化有り。この二つに究まり、その本一つ也。その一つといふは風雅の誠也。不易を知らざれば実(まこと)にしれるにあらず。不易といふは、新古によらず、変化流行にもかかはらず、誠によく立ちたるすがた也。代々の歌人の歌をみるに、代々その変化あり。また、新古にもわたらず、今見る所むかし見しに変らず、哀なる歌多し。是まづ不易と心得べし。又、千変万化する物は自然の理也。変化にうつらざれば、風あらたまず。是に押しうつらずと云ふは、一旦の流行に口質時を得たるばかりにて、その誠を責めざるゆゑ也。せめず心をこらさざる者、誠の変化を知るといふ事なし。ただ人にあやかりて行くのみ也。せむるものはその地に足をすゑがたく、一歩自然に進む理也。行く末いく千変万化するとも、誠の変化はみな師の俳諧也。かりにも古人の涎(よだれ)をなむる事なかれ。四時(しいし。春夏秋冬)の押しうつるごとく、物あらたまる。皆かくのごとしともいへり。師末期の枕に、門人この後の風雅を問ふ。師のいはく「此みちの、我に出でて百変百化す。しかれども、その境、真、草、行の三つをはなれず。その三つが中にいまだ一二をも尽くさず」と也。生前、をりをりの戯れに、「俳諧いまだ俵口を解かず」ともいひ出でられし事度々也。








関連記事

Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/154-560829c9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。