--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
01.06

二種類の人間

Category: 未分類
一四八 何かに向かう

村上春樹さんは言ったなだ。
「世の中には二種類の人間がいる。『カラマーゾフの兄弟』を読破したことのある人と、読破したことのない人だ」


いやぁ、なんとも魅力ある言い回しをする人だなっし。


読破していないこっちの人と読破したあっちの人。

こっちかあっちか。
こっちもあっちも。

なんか不思議な気分になるなっし。


村上さんは「『カラマーゾフの兄弟』を読破するということは人間を二分するほどの価値がある」なんて大げさなこと言っているわけではねえ。

例えば、一年毎日散歩に出かけたことのある人とない人。
例えば、俳句を千句作りあげたことのある人とまだの人。
例えば、飛び込みの営業で契約をとったことのある人とない人。

まあ、やったことは偉いけんど、だからといってやってない人が劣っているわけではねぇべ。
それをしたことがある、ただそれだけだべ。

けんど、何かある。どうでもいいんだけんど、どうでもよくない何か。

村上さんの言い回しは、その何かを俺の心に喚起させてしまうんだなあ。



ということで、今年の俺の目標は「カラマーゾフの兄弟」を読破したことのない人と読破したことのある人、この二種類の人間を体験するってことなのでした。
関連記事

トラックバックURL
http://nakaemon.blog67.fc2.com/tb.php/151-6afe6e87
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2010.01.15 19:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。