--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
07.28

パトカーをしたがえる

Category: 未分類
一七五 後ろへ引かれるように進む

完全に寝坊した。
娘もいっしょに寝坊した。
呆然とした。
通学の汽車はとうに行ってしまった。


車で高校まで送ることになった。
片道40分。
しっかりつかまってろよ、とばすから。
わかった。
思い切りアクセルをふかした。

大通りに出た。
運がいい、今日はすいている。
目の前には車一台いない。
田舎のバイパス道は信号機もない。
よし、とばせるぞ。

でも待てよ。いつもと何かが違う。なんだ。


バックミラーが目に入った。

白と黒の車がいた。

最悪だ。
パトカーのまん前に入ってしまったのだった。


どうする?
どうしようもない。
高校へはこの道しかないのだからよ。
観念するしかない。
パトカーを離さないように進むしか道はないのだ。

前には広大な大地が広がっている。
何の障害物もない。
なんでもできるはずなのに、自由なはずなのに。
今の俺はなんて不自由なんだ。

前を見ていても後を見ている気分だ。
背中がうずうずする。
パトカーに引っ張られている。
娘の様子も気になる。
「速く行ってけるって言ったべー!」
「今とばしたら、警察に捕まってもっと遅くなっぺした」
父と娘の小さないさかいが始まる。


くそったれ。


ふと思った。

この状況。
なんかと似てるんでないかい?
ほう。
日本の伝統的な動作と似ているんでないかい。

重いものは軽いように持ち、
熱いものは冷たいように扱い、
前に行くときは後ろに引かれるように進む。

これはまさしく日本の文化、順逆拮抗の状況だ。

ほう、そうか。
それに気づいたからには、運転版順逆拮抗に思いっきり堪能するしかないべした。


俺はもう、この状況にどっぷり浸かることにきめたは。


パトカーに引っ張られるように前に進む。
後ろと前のバランスの妙が、なにやら時空を歪めてしまうような、ちょっと不思議な気分にさせる。
いやはや、これは至福の時間だったなあよ。
自分の中に力がたまっていくって感じもある。
ええぞお。


娘は「もうパトカーいないよ」とせかすけんど、娘よ、この感覚は遅刻以上に大切なものなのだよ。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2010
07.18

下駄の履き方

Category: 未分類
一七四 物と付き合う


足袋で下駄を履く方法

一、鼻緒に指を入れる。 根元まで入れない。 指の真ん中辺で止める。
二、指は履物に付けない。少し浮かし気分にしておく。根元だけ付く。
三、小指は外へ出る。カカトも出る。
四、親指と人差し指の根元を締める。足袋の縫い線を切れ上げて、そこを締めるつもりで指を閉じるとなおよろしい。
五、縫い線を締めるつもりでどんどん上行する。最後は、線を、足首の前側からアキレス腱に通り抜けさすつもりになる。
六、カカトとアキレス腱を意識しながら、後ろへ下がる感じを作りつつ、前へ進む。
 (前だけしか意識しないとすぐに鼻緒が足袋の根元にズレ、指が痛くなる)
七、お尻の穴が締まっていれば上手くいっている。腰にもずんと重みが入る。体が一つにまとまる感じがある。



鼻緒は真ん中にある。下駄はサンダルのように足に合っていない。
日本の品物は、人に擦り寄って来ない。
物として自立している。
見るに耐えうる。
人が技を持って合わせるしかない。
技を身に付けた者だけが、物をたしなむ。

Comment:0  Trackback:0
2010
07.16

小股の切れ上がったいい女

Category: 未分類
一七三 線を感じる
 
今回は、小股の切れ上がったいい女とは何ぞやで、いくべや。
ドキドキすんなぁ。

まず初めに、「小股」の場所。
「小股」ってどこだべ。

どこだ?

お股じゃなくて小股だかんな。

「小股」だから小さい股なんだべか。
どうなんだべ。

体で股になっているところっていうと、指の股・・・
あんまり無いな。

その前に、「小」という言葉の使いようだ。
小気味よい、とか
小粋な格好、とか
「小」を頭に置いて、「何となく佳いなあ」と感じるときに使われった。
その「小」かもしんね。
だから、ちっちゃいっていう意味ではないかもしんね。

そんだば、「股」はどこか。
また、その話に戻った。

あそこか。
あそこであっても、あそことは言えない場所か。

股の話はうやむやにしていたほうが日本人っぽいかもしんねな。
やめっぺ。

話を変えっぺ。
「切れ上がった」はどうか。
どういう意味か。

シャープにキリリと、スッとした動きが上の方に向かって伸びる。
そんな感じ。

そんじゃ
女性の体で上に上がると魅力的なところは
ふくらはぎ?尻?胸?首筋?目尻?

この中で股のあるのは、尻だな。
よって、尻がプリンと上を向いているのが、小股の切れ上がったいい女、ということだ。
結局、股でねえか。
何か釈然としないな。何かが違うな。
下品すぎる。


足袋屋さんが主張しった。
小股は、親指と人さし指の股だと。
俺は、すんなり受け入れるのができない性分だから、無視していたけんど
足袋の縫い目を見ていると、やっぱし、無視はできねぇかな。

親指と人さし指だけを見ると、Vの字だ。
股のように分かっれった。
けんど、その根元も見ると、Yの字になる。
さらに、もっともっと根元の方に目を持っていくと、| しかなくなる。
Vの根元を締めようとすると、すっとしたある鋭い感じが │ 線を上行する。


これだ。
これにすっぺ。
決めたは。

小股の切れ上がったいい女ってのは、股を締めることでその根元のラインがスッと切ったように伸びて上行している女性のことです。
それは、涼しくて清々(すがすが)しい空気を生み出してくれますです。
手の指の股だって、正座したときの膝だって、股になっているとこ、どこでも構わない。
体の中の股において、その感覚、つまり線の伸びた、すっと気のとおった感じが生じているヒトのことです。

これで何となく、落ち着いた、ような。

けんど、いやはや女子衆に大変な課題を作ってしまったなは。
早く男衆にも相応の難題を見つけねど。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。